早急な対応が必要|レビトラやバイアグラ以外でのED治療方法とは

レビトラやバイアグラ以外でのED治療方法とは

男の人

早急な対応が必要

男の人

仮性包茎は包茎のなかでも比較的症状が軽いものです。自力で包皮を剥くことができますので、亀頭周囲をある程度清潔に保つことができるでしょう。しかしながら、興奮していない普段の状態ですと常に皮をかぶった状態となるため、やはり包茎でない方と比べると不潔であることには変わりません。見た目としてもあまりよろしくなく、女性との性交渉時に包茎を指摘され、傷ついたかたもおられるでしょう。包茎は見た目の問題もございますので、早いうちに包茎手術を行うほうがよいでしょう。真性包茎とは包皮が興奮時にもかぶっており、自力で剥くことができない状態の包茎を指します。包皮の口が狭いか亀頭と包皮がなんらかの理由により癒着しているので、無理に剥こうとすると激しい痛みに襲われます。この真性包茎は仮性包茎とは違い、自力でむけないために不衛生になりがちです。包皮内側に溜まった老廃物により悪臭を放つこともあるため、性交渉を嫌がられることもあります。また、雑菌の繁殖により炎症や性病を引き起こし、最悪の場合傷ついた粘膜の細胞がガン化してしまう場合もあります。あらゆる病気のリスクがあるため、この真性包茎は早急に包茎手術を行う必要があります。最後に最も症状が重い包茎が、カントン性包茎となります。カントン性包茎は真性包茎と同じく自力で包皮を剥くことができないもので、包皮の口が極度に狭いために引き起こされる症状です。無理に皮を剥くと、狭い包皮に亀頭が圧迫され、激しい痛みが引き起こされると同時に血の流れが圧迫されることにより、陰茎が壊死することもあります。真性包茎、カントン性包茎ともに、高い性病にかかるリスクがあると同時に包皮が亀頭を覆っているために、正常に子供をつくることができなくなることもあります。射精時にも包皮が邪魔をするため、精子が子宮に届かず、不妊の原因となる場合もあるのです。真性包茎とカントン性包茎は深刻な病気でありますので、恥ずかしがらずに包茎手術は医療機関やクリニックで行う必要があります。全国にそういった手術が行える場所がございますので、自分の住む地域の病院を探してみましょう。地域限定のクリニックの口コミやランキングを調べ、適切に治療を行いましょう。